インプラント治療のメリット・デメリット

>

インプラントのメンテナンス方法

メンテナンス

インプラントは人工歯なので、虫歯にはならないそうです。

しかし、周りの歯茎は自分の歯茎ですので、その顎の骨まで到達する歯周病になってしまう可能性があるようです。

しかし、毎日のブラッシング、定期的な歯科医院でのメンテナンスによって、それらのことは回避できるそうです。

だいたい3か月に一度ほど、定期健診のために歯科医院に通い、歯医者さんに専用の器具を用いて掃除してもらいます。
また、年に1度、骨に異常が起きていないか、レントゲン撮影をすることが推奨されているようです。

ですから、定期検診に続けて通うのは、ちょっと…という方は、インプラントは向いていないかもしれませんね。
でも、それがクリアできる方であれば、インプラントは非常に優れた治療方法だと思います。

インプラント以外の治療法

インプラントの治療について、見てきましたが、歯を失った場合、その他にはどんな選択肢があるのでしょうか?

一つ目は、ブリッジです。
ブリッジとは、無くなった歯の両隣の歯を削って、一連の歯のかぶせ物をして、歯を付ける方法です。
なくなってしまった一本、または二本の歯を隣の歯で支える形になります。

保険が適応するので、費用はおおよそ1万円から2万円です。
治療期間も2週間から3か月ほどです。

またもう一つの方法は、部分入れ歯という方法もあります。
隣の歯にかけ、入れ歯を装着します。

こちらは、おおよそ5千円から1万5千円で、治療期間は3から4週間ほどだそうです。

この二つの方法は、従来から行われていたもので、インプラントに比べると治療の費用も抑えられ、期間も短いので、手軽かもしれません。
しかし、自分の歯、ということで、長い目で見た場合どちらが良いか考えると、インプラントも魅力的だと感じます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る