インプラント治療のメリット・デメリット

>

インプラントとは?

沢山あるメリット

インプラント治療の最大のメリットは、義歯を強く固定できて、物をしっかり噛めるようになることだそうです。

今まで、歯を失ったときの治療法は、入れ歯やブリッジでした。
入れ歯やブリッジですと、どうしても、歯を安定させるために、残っている歯を削ってブリッジをかぶせたり、入れ歯の金具をかけたりしなくてはなりませんでした。

その点、インプラントは、歯根を歯茎の下の骨に埋め込むため、他の歯に負担がかからずまた、噛みごごちもしっかりして、物がよく噛めるようです。
そのため、入れ歯やブリッジに比べて、自然に近い状態でものを食べることが出来、お食事がおいしく感じられるそうです。

また、歯ごたえのある固いものも、従来の入れ歯やブリッジに比べると格段に強く噛めることも、メリットのひとつです。

その他のメリット

また、インプラントは自然の歯に近いため、会話の際の発音が安定し、発音が悪くなる心配も少ないようです。
以前ですと、総入れ歯の方が、発音が悪くなり会話に困っていたのが、インプラントですとその影響が少ないようです。

また、最近では、歯の見た目もかなり重要視されるようになりましたね。
インプラントは見た目を綺麗に仕上げることができるため、歯を見せて笑ったり話したりすることが遠慮なくできることも利点です。
女性だけでなく、男性にとってもうれしいことですね。

また、インプラントは歯根を歯茎のところに埋め込むため、一回ごとに取り外す必要がなく、面倒が少ないこともメリットの一つです。

また、インプラントは人口の素材で出来ているので、虫歯にならないことも重要なメリットですね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る